ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『帽子収集狂事件』

フェル博士は創元版がやっぱり好きだ。
人情味とチャーミングさがハヤカワ版に比べて良く伝わってくる。
博士のちょっとした動き、口調、周囲との物質的、心理的な距離感。

共通するのは読者との距離。
フェル博士の「ミステリ小説の登場人物である自分」という立ち位置だ。
この匙加減が絶妙。

ズームしたかと思えばズームアウトさせられる。
まさに、ミステリの読み方そのものを表しているようだ。

今回の舞台はロンドン塔。
歴史的に数多の恨みや血を吸ってなお建ち続け、現在では観光も可能な建造物。
飼育されている大鴉は、かつて刑死した人間の肉を食べていたとか……。
あな恐ろしや。

場所的なオカルト度合は、カー作品のなかでも屈指ではないだろうか。

そして、そこで死んでいたのが「いかれ帽子屋」である。
イギリスでしかあり得ないこの状況。
イギリスだからこそ映えるこの状況。

そんななかでも、フェル博士は通常運転。
おしゃべりなお嬢さんに

「わしがセイウチですよ」

なんて言ってたりする。
かわいい。

今回も色々なヒントが隠されていて、読み返して「あっ!」という楽しさがある。
それも楽しいのだが、今作の犯人については「あなたどうしちゃったの!?」という思いの方が強かった。

まぁ、それが終幕に繋がるのだけれど……。
フェル博士シリーズの醍醐味をたっぷり味わえた。
ウミガメのスープ、ご馳走様でした!






関連記事

| J.D.カー/カーター・ディクスン | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/500-f8314624

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT