ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『さあ、気ちがいになりなさい』

これを書く前に言っておくッ!
ありのまま、起こった事を話すぜ!

そう、確かにこの本を読む前に、私は机の上にボールペンを置いた。
しかしッ!
読み終わってみたら目の前からそのボールペンが消えていた……!!

いや、そもそもボールペンなんてあったのか!?
まったく……頭がどうにかなりそうだった……。
何を言っているのかわからねーと思うが、次に机を見たらボールペンは同じ場所にあった。

催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてない。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。


……断っておくが、これは実話だ。


この本はスタンド能力を持っているかもしれない。
それはDIOの“ザ・ワールド”ではなく、フレドリック・ブラウンの“ユーディ”だ。
類推するに、このスタンドが発動する条件として、星新一が訳していることが挙げられるだろう。

ブラウンの発想力と物語の構成の妙。
星新一のスタイリッシュな文体。

この12編は、時に宇宙を彷徨い、時に日常の隙間に滑り込み、時に郷愁の念に心を捕え、時空すら超える。


「みどりの星へ」
「ぶっそうなやつら」
「おそるべき坊や」
「電獣ヴァヴェリ」
「ノック」
「ユーディの原理」
「シリウス・ゼロ」
「町を求む」
「帽子の手品」
「不死鳥への手紙」
「沈黙と叫び」
「さあ、気ちがいになりなさい」



冒頭、『ジョジョ』のポルナレフのセリフを借りてしまったが、読了後に起った事は事実だ。
私は実際に目の前のボールペンを見失い、その存在すらを疑った。

特に最後の1編は危険だ、と追記しておく。

それでもなお読みたいと覚悟が出来たら読むがいい。
至福の時を約束しよう。


―― さあ、気ちがいになりなさい……。






関連記事

| SF | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/499-99b65973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT