ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ハッピー・マニア』

前に一度読んだ。
その時はシゲタに全然共感できなかったし、ナンダコレ状態。
途中で読むのをやめてしまった。

しかし、今。

イタイ!
心が痛い!
アイタタタ!!


私にナニがあったのか。
よく分からないけれども、シゲタに共感する部分が……ある。
どうしよう。
オンナとしてレベルが上がったのか?下がったのか!?

に、人間として経験を積んだ……。
コレだ。これにしよう。


さて、人間として経験を積んだ私は、一気に全巻読んでしまった。

倫理的には酷い話で、それは分かってるし変わらない感想だ。
でも、何かが刺さる……。痛い。

暴走してナンボの女の話なので、物語は加速する一方。
前に途中で脱線してしまった私は健康的であり、未熟だったのかもしれない。
しかし、今は乗れるぞ、暴走特急!!

でもね、シゲカヨはラッキーなんだよ。
当たり前だけど、凄く非現実的。
親友のフクちゃんだっているし、幸せの青い鳥なハイスペック・タカハシがいる。
ズルイぞ、シゲタ。
普通いない。
タカハシは幻想の産物だ。

色々と暴走したあげく、一周回って結婚に至るシゲカヨ。
その式でも
「あー、彼氏欲しい!!」
って言っちゃうんだから凄い。
笑った、笑った。

この清々しいまでの正直さ、本音の描き方、抉り出し方が、安野モヨコ作品ならではの凄み。
出来そうで出来ない技だと思う。

ハッピー&トキメキ・ハンター、シゲカヨ。
レビューでさえ暴走させる女、シゲカヨ。
イタイ部分を突いてくる女、シゲカヨ。

幸せになって、とは思わない。
一生足掻いていてほしい。
最期のことばも「彼氏欲しい」って言ってほしい。

そんなんだったら、まさに ウ~~~、マッシモ!!








関連記事

| 安野モヨコ | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/495-1bbdd81e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT