ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『三つの棺』

幕開きはロンドンの酒場。
予告された殺人と、かつて墓から蘇った男。
用意された三つの棺。
吸血鬼伝説と復讐。
雪に囲まれた家で起こった足跡のない殺人……。

このオカルトチックな雰囲気に興味をそそられ一気に引き込まれる。
探偵役のフェル博士は、なかなかどうして面白い人物だ。
なにせ、以下のようなセリフを放ってしまうのだから。


「われわれは探偵小説のなかにいるからだ。そうでないふりをして読者をたぶらかしたりはしない(略)隠し立てもせず、もっとも高貴な態度で本の登場人物であることに徹しようではないか(略)」


これこそが有名な 「密室講義」
そしてなんと、フェル博士自ら「興味がなければ読み飛ばしてよろしい」と読者に呼びかける。
ここの章は本編と関係ナイからネ、と。

しかし、関係ないからといって本の世界から読者が追い出されることはない。
部屋の一角で「同席する」栄誉を得ることが出来るのだ。
言い換えれば、「本の中に入れる」。
なんて贅沢な!

勿論、私はメモ用紙とペンを手に飛び込んだ。
フェル博士からちょっと離れた椅子に座った感じ……。
そして、充足感と大量のメモを持って本の世界から帰って来た後、殴り書きを整理してから「読者」に戻ることにした。

本編のトリックに関しては「これ、犯人忙しすぎるんじゃない?いくら……でもさ」という感想。


好き嫌いが分かれる作品ではあるだろう。
創元版のフェル博士とのイメージとも違う。
ハッキリ言えば創元版の博士の方が遥かに魅力的でチャーミングだ。
表紙もなんだか味気ない。
ハヤカワ版には時々こういう本があって困惑する。
そこがちょっともどかしい。

ついでに言うと、角川版のエラリィくんの表紙には「ぐぇぇ」と声を漏らしてしまった。
イメージが全く違う。ヤメテクレ。読む気もしない。

最近のミステリ新訳ブームは、作者からの「講義」から読者同士の「談義」にも繋がりそうだ。





関連記事

| 長門有希の100冊 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/492-730f35ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT