ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ぼくが死んだ日』

帰らなきゃ。
だって、ママが夜中の12時までに帰りなさいって言ったから。
もう16歳なのに。
けど、ママが心配してるっていうのは分かるし「あんなこと」をやっちゃった後だから仕方ない。

だから、マイクはシカゴ郊外の道路を自宅に向かって猛スピードで疾走していた。
……車のヘッドライトに女の子が照らされるまでは……。

怪談話のセオリー通り、マイクは仕方なく彼女を車に乗せる。
名前はキャロルアン。
56年前に死んだという。

キャロルアンにはある役目があった。

それは「子供達が眠る墓地」に案内する事。
そして、マイクの役目は「子供達の話を聞く」事。


そうしなきゃいけない。
聞いてもらわなきゃ逝けない。
だって……

「あたしたちはみんな、自分の話をだれかに話す前に死んでしまった。この世ではただの幽霊かもしれないけれど、あたしたちの話をだれかが覚えててくれて、話してくれれば、それは本当にあったこととして根をはり、生きつづけることができる」


今回、話す順番がきた子供達には「ある共通点」があった。

9人の子供達は死んだ年代も年齢も様々。
自然な口語体で、リレー方式に語りだす。
まるでシカゴの年表をバラバラに見ているようだ。

その「共通点」を見つけることが目的だったのかもしれない。


そして差し込む陽光。


「じゃあまた会おうな、アホやろう」
「そんなにすぐじゃないけどね」



眩い光のなか“命”を愛おしく思いながら、怖かったはずの墓地を去るマイク。


まだまだ順番待ちの子供たちが大勢いるに違いない。

「きっと来年はあたしたちの番ね」
「そうだといいけど……」
「あーあ、早く話してーな」

墓石の周りでは、そんな声が囁かれているのかも……。





関連記事

| ファンタジー・幻想 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/491-64b18caa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT