ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ほぼ日手帳公式ガイドブック 2017』

ここ数年のガイドブックにはカタログ感が否めない……と思っておりました。
が!2017年版は、なかなか読みごたえがありました。
「LIFEのBOOK」のBOOKなんだから、嬉しい限り。
失敗談には頷いたりして。

私の使い方は、2015年にご紹介した記事 【ほぼ日手帳・4冊同時使用中!】 と変わっておりません。

ただ、カバーだけ増えました。
何故か増殖するんですよ、「ほぼ日手帳」関係は。

それはPeacocks of Grantham Hall

Peacocks


素敵っ。でも高いっ!
そんな私の背中を押したのが「ジョン・マルコヴィッチが描いたオリジナル柄」という一文でした。

「マルコヴィッチ?」
「マルコヴィッチ!」
「マ~ルコヴィッチ!!」
分かるあなたとShake hands!

もう、買わずにはおられませなんだ。
タッセルは大きくて邪魔だったので、好きなチャームに変えてしまいましたが。

使い方は【お出かけ用】
主に旅行や観光地に持って行きます。
美術館や博物館の半券を入れたり、旅先からハガキを書きたくなった時に使えるように切手を入れておいたり。
少額のお金を入れておけば、入場券の購入時にお財布を出さなくてもOK。
なかなか便利なのです。

それから、クマが噛んでも大丈夫?「山の中で1年5ヶ月を耐えた」という伝説を持つ コクヨの「測量野帳」
特に遭難したいわけではありません。
単にノートとして実用的だから。
更に「trystrams」でぴったりの色が出ていたのでこちらに。






よく観光地にあるスタンプを押したり、日記の下書きのようなものを書いておいたりして。
そして、家に帰ってから家置きの手帳にゆっくり書き込む。
オリジナルといえど「ほぼ日手帳」はなかなか大きいので、持ち歩き用として便利に使っています。

広がってゆくLIFEのカタチ。
なかなか面白いものだなぁ、と思いながら、「もう増やさないぞ」とも思います。

ちなみに2017年のカバーは「シロクマ」!
内側のアイスブルーと、シルバーのバタフライ部分が涼しげで気に入っています。
楽しいこと、沢山書くぞー!






関連記事

| 「ほぼ日手帳」アレコレ | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/478-9264a5c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT