ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年 今年の一冊!!

暮れも押し詰まってまいりました。
今年はなかなか更新ができず、いらしてくださった皆様には申し訳ありません。

というのも、……しんどかった……。
余裕がなかった……。
私にとっての2016年は、なかなかしんどい年でありました。
漢字一文字で表すなら「」。

そんななか、救いはやっぱり読書。
いつもよりも多く読めたのですが、アウトプットする力がなく、来年に持ち越しです。

それでも書けた記事のなかから今年の一冊を選びます!

ではいきます!
ドラムローーーーール!
ダラララララララララ~~~~~~~…………

じゃんっ!





ジェイムズ・P・ホーガン 『ガニメデの優しい巨人』

Ganymede-G-min





読んで良かった。
出会えて良かった。
<巨人たちの星>シリーズ全体に対して、そう思います。

旅人に尋ねてみた どこまで行くのかと いつになれば終えるのかと
旅人は答えた 終わりなどはないさ 終わらせることはできるけど
                                 
                    「アゲハ蝶」 ポルノグラフィティ



まさにその旅を見せてくれた、愛しい登場人物たち。

記事のアタマに歌詞を挿入する、という工夫もシリーズのレビューを通してしてみました。
その一つに聖飢魔IIをもってこられたのは信者(ファン)冥利に尽きます!(笑)


私自身にとっても、嬉しい出会いがありました。
書評コミュニティ【本が好き!】さんに参加できたことです。

今まで知らなかった読書の楽しみ方、本へのアプローチの仕方、ブックレビューの書き方。
勉強になる、というと少し堅苦しいかもしれませんが、魅力に溢れた世界の扉が開けました。
お誘いくださいました編集部の和氣さん、改めましてお礼申し上げます。

今までご紹介してきた本のなかで、特に魅力的な本を
「Select Books」
としてブログの左側に表示しています。
「ええぃ!てっとり早く面白い本を出せい!」という場合、どうぞご活用下さいませ。
私のセレクトしたものにピンとこなくても、沢山の書評のなかから読みたい本が見つかること請け合いです!


違う世界に飛び込むこと。
それを、地球人のヴィクター・ハントから、ガニメアンのガルースから、教えられた気がします。
世界に果てなどないこと。
挑む勇気。
そこには、テューリアンのカラザーの様に、待っていてくれる存在がいること。
それが、一度限りの出会いでも、一生続く出会いでも。
<巨人たちの星>シリーズは、出会いの素晴らしさを感じながらレビューを書きました。

ジェイムズ・P・ホーガン
『星を継ぐもの』
『ガニメデの優しい巨人』
『巨人たちの星』
『内なる宇宙』



私は一期一会の出会いが大好き。
聖飢魔IIの黒ミサ(LIVE)でお隣になった方、お話しさせていただいた方たちは、今頃どうしていらっしゃるのかなぁ。
活動絵巻教典(ブルーレイやDVD)をご覧になっているのは間違いないな、うん。


こうして、ブログに来て下さった方々との出会いも勿論大切です。
特に記事への【拍手】は、とても、とても励みになります!!
ありがとうございます

改めて感謝の気持ちを込めつつ、今年最後の更新です。


2017年が光に満ちた年になりますように。
大切な物語との出会いがありますように。
心からお祈り申し上げます。

良いお年を!







関連記事

| 年末総括(本・映画・演劇) | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/476-f15f4428

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT