ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『内なる宇宙』

おお友よ、このような旋律ではない!
もっと心地よいものを歌おうではないか
もっと喜びに満ち溢れるものを
           
         「交響曲第9番 歓喜の歌」 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン



遂にここまで……。
色々な意味で、そう思う。
ここまで掘り下げるとは、『星を継ぐもの』 を読んだときは想像だにしなかった。

前作 『巨人たちの星』 で、心ならずも生活の基盤を取り上げられた人々がいた。
生活する術を学ぶ機会がなく、その意味合いすら分からない人々の混乱ぶりは想像に余りある。
そこに残された「大変な置き土産」。
路頭に迷う人々が「それ」にすがってしまうのは仕方がないかもしれない。

そんな世界の再生を任されたのが、ガルースをはじめとするガニメアン達。
テューリアンにもなりきれず、宙ぶらりんの存在に居心地の悪さを感じていた彼ら。
それに遣り甲斐を見い出すには十分な理由と責任もあった。

物語は「ファンタズマゴリア」という世界に暮す青年から始まる。
このシリーズとしては異例の幕開けに、まず面食らう。
どうやら彼は「ハイペリア」と呼ばれる世界に行くことを夢見ているようだ。
それには修行が必要らしいことも、だんだん分かってくる。

新しい惑星で奮闘するガルース。
異世界で修行する青年。
そこに、地球人であるハント一行が加わって、やっと事態が輪郭を見せる。

月で発見されたミイラ“チャーリー”の謎を説き(『星を継ぐもの』)、時空の彼方から現れたガニメアンとの友情を築き(『ガニメデの優しい巨人』)、新たな世界と地球を結びつけた(『巨人たちの星』)ヴィクター・ハント。

「ファンタズマゴリア」という更なる世界を、彼は「エントヴァース」と名付ける。
外宇宙である「エクソヴァース」に対する呼称だ。
イギリス人のハントらしく 『指輪物語』 の「エント」から想を得てのものだというから意味深くも面白い。

「エントヴァース」と「エクソヴァース」。
それを繋ぐ「アヤトラ」と呼ばれる存在。
新興宗教のような危うさを描きつつ、新たな観点へと昇華させるホーガンの筆力には驚かされるばかりだ。

地球人、ガニメアン、テューリアン、そして、エント人。
広がる宇宙。
広がる生命。

時に、宇宙と人間の細胞が比較されることがある。
シリーズを通して描かれる人間賛歌は、宇宙賛歌でもあるのだと思う。
読了後、私の頭のなかでは「歓喜の歌」が鳴り響いていた。

どこまでも、どこまでも広がる宇宙。
エントヴァース(内側)とエクソヴァース(外側)を行き来することは、私達だって可能だ。
「本」という名の宇宙。
それがきっと、もうひとつの“内なる宇宙”なのではないだろうか。





関連記事

| ジェイムズ・P・ホーガン | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/464-9e2dfb5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT