ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『わたしを離さないで』

この作品と対話できたのは最高のギフトでした。

映画化された際少し気になっていたので、始めの数ページで語られる「ネタバレ」は知っていました。
でも、それでさえ、知らなかったらどう感じたろうという気持ちが消えません。
たいして変わらなかったかもしれない、けれど、知らないまま読みたかった、とどうしても思います。

その意味でこのレビューはとても難儀ですが、チャレンジしてみようと思います。



まず「対話」と表現したのは、こんな情景が浮かんだからです。

……私はインタビューを取り付けた“介護人”という職業の女性の部屋を訪れます。
私が聞かされているのは、その人の名前と、社会的な役割だけ。

緊張しながらノックをすると、「どうぞ」という落ち着いた声が返ってきます。
迎え入れてくれたのは、聞いた年齢より少し年かさに見える女性。

挨拶のあと席を勧めてくれたその人は、促すまでもなく話し始めます。
ひとつ息をついて、目を閉じて、ゆっくり開いて。
私の目を真っ直ぐに見て。


私の名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人をもう十一年やっています。


自然に語られる子供時代の出来事。
ヘールシャムという施設で感情豊かに過ごした日々。
友達との悪ふざけ。
親友との喧嘩や仲直り。

キャシーの話は分かりやすく、時にユーモアに満ちて、時に緊迫感が漂います。
表情は豊かながら落ち着いていて穏やか。
遠くを見るような優しい眼差しが印象的で、右に左にと瞳を揺らしながら、それでもしっかりこちらを見てくれています。

週に一度の健康診断。
生徒に芸術の大切さを説き、頻繁に行われる展示会。
ヘールシャムとはそういう「校風」なのでしょう。

看護婦にあだ名をつけたり、消灯時間後のナイショ話。
一見普通の寮生活ですが、何かが足りない、と私は感じ始めます。
生徒のバックボーンが見えてこない……。

それでも、キャシーの話は流れるように進みます。
思春期を迎え、大人になって、どうやって今の職業に就いたのか。

キャシーには子供の頃から、特別に大きな存在を占めるルースとトミーという友達がいると言います。

ルースは女の子グループによくいるタイプ。
知ったかぶりで強がり。
でもそうやって突っ張っていることで、自分や周囲を守っていると信じています。

トミーは癇癪持ちで、運動が得意な男の子。
子供の頃はいじめられるけれど、成長するに従って落ち着いていくタイプ。
そういう人はなかなか鋭い感性を持っています。

その三人がどう育ち、どこへ行き、一緒の思い出を、またはそれぞれの思い出を作ったか。

子供の頃、繰り返し掛けられた言葉をどうやって理解したか。
キャシーと、ある女性が思いがけず共有した時間の、その行動の本当の意味を知ったのか。


静かに語り終えたキャシー・Hに、私は深々とお辞儀をして、辞去します。
お礼と共に添える言葉がみつかりません。
ただただ、話してくれたことへの感謝と、これからの生活が少しでも穏やかなものであるようにと、祈るしかありません。



この、抱きしめたくなるような作品に出会えたことは、素晴らしいギフトでした。
キャシー、ルース、トミーをはじめとした登場人物の姿を、明確にイメージすることが出来ます。
荒涼とした大地が続く、身を寄せ合いたくなるように寒いイギリスの光景も、この作品に欠かせない舞台です。
そのイメージを大切に持っていたいと思います。

それは、

ヘールシャムはわたしの頭の中に安全にとどまり、誰にも奪われることはありません。

こう語ってくれた、キャシーのなかのヘールシャムと同じものかもしれません。


ゆっくり目を伏せたキャシー・Hの姿が、私にはやっぱり視えるのです。




関連記事

| 海外 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/453-02b2ab0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT