ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『夜来たる』

アシモフの自薦短編集。
一遍一遍に著者自身の解説付き、というファンにはたまらない一冊。

特に「夜来たる」は、若干21歳のアシモフの名を一躍SF界にしらしめた作品として有名だ。
期待しすぎていたせいか、初めて読んだときは「それほどかなぁ」という感想しか持てなかった。
だが、読み込んでいくと「これは名作!!」と大いに納得。
他の作品も綺羅星のように並ぶ名作揃いだ。


「夜来たる」
6個の太陽に照らされる、惑星ラガッシュ。
しかし、今、全ての太陽が沈み「夜」が訪れようといている。
千年に一度の夜が!
その状況下、天文台では科学者、心理学者、考古学者、ジャーナリスト、加えてカルト教団の教徒までもが紛れ込んで頑張っている。

考古学者によれば、この惑星には現在まで9つの「夜」が来ては、その度に高度な文明が滅んでいるという。
それは何故か?
インテリゲンチャの集まりである天文台の面々ですら、その理由に気づけない。

この文明もまた滅んでしまうのか?
ある希望を提示して物語は終幕する。
ラストの数ページがこの上なく美しい。

冒頭にラルフ・ウォルドー・エマーソンの「自然」からの引用が書かれている。
その以下の一文と、原題である “Nightfall” がまるで星々のように強烈な輝きをもって感じられた。

もし星が千年に一度、一夜のみ輝くとするならば、人々はいかにして神を信じ、崇拝し、幾世代にもわたって神の都の記憶を保ち続ければよいのだろうか。


「緑の斑点」
全てが「完全な秩序」をもって存在するセイブルック星。
まるで惑星全体がひとつの生命体である様に。
石ころ一つがその細胞である様に。
なによりやっかいなのは、この「セイブルックくん」が非常におせっかいであるということだ。
個々という断片で存在する地球人を憐れみをもってみている。
そして果敢にも兄弟を作ろうとする。
果たして侵略なのか善意なのか……。
その過程がスリリングであり、また滑稽にも映る。

秩序は無秩序を、個性の素晴らしさを理解できなかったのだ。


「ホステス」
主人公のローズは、なぜ自分が結婚できたのかということに疑問を抱いている。
この感覚、直観、違和感。
それは何故か、どこからくる疑問なのか。
全ては「ホステス」という存在になる為に……。
その違和感の理由を知ったローズの気持ちが伝わってきて、なんともいえず呆然としてしまった。


「人間培養中」
天才ゆえに気づいてしまった恐怖。
アシモフが 『ロボットと帝国』 でも描いていた危機感。
シャーレから出てしまった問題は、今まさに突きつけられている。


「C-シュート」
面白い!
密室劇ならではの、厚みをもった登場人物たち。
それぞれに当てられるスポットライトの集約が物語の鍵になる。
小気味よいストーリーテリングに引き込まれていくと共に、ラストではあたたかい気持ちになった。


SFで描かれる異星人との関わり。
お互いを知り、それを認めようとする姿勢の大切さだけはフィクションではない。
悲しく不毛なニュースに触れる度にそう思う。
見ているだけでなく、まずは自分から実践してゆかなければ、とも。




関連記事

| アイザック・アシモフ | 02:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/445-7e950f24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT