ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『たのしいムーミン一家』

おお、三作目にして遂に「たのしい」がきた!

きっと、ムーミンママが、あの紅白幕のような、それでいて可愛いエプロンをつけてパンケーキを焼いたり。
ムーミンパパが優雅にパイプをふかしていたり。
ムーミンがスニフやスノークのお嬢さんと楽しくベリー摘みに行ったり。
そんな日々が……。
日々が……、目次を見て打ち砕かれた。
大丈夫なのか、これは。「たのしい」のか。

目次から抜粋すると

moomjn

思わず怖いフォントで書いてしまった程の迫力だ。


ムーミントロールは、11月になると冬眠をする。
そして、暖かな風が吹くようになった3月頃にのんびりと目覚める。

目覚めたムーミンは、さっそくスナフキンに「山の上に石を積みに行こう」と誘われる。
彼は本当に山と石が好きである。
スナフキンを山から出禁にしないと危ないと私は思う。
(参照 『ムーミン谷の彗星』


そこで見つけるのが物語の中心になる「真っ黒いシルクハット」だ。
しかし、ムーミンパパが気に入らなかった為に「紙くずかご」にされてしまう。
ゴミとみなした物をゴミ箱にするとはまた斬新なアイデアである。
環境に優しいので参考にしたいところだが私にはハードルが高そうだ。

この紙くずかご、もとい帽子は「入れた物を別の物に変えてしまう魔法の帽子」。
紙くずはふわふわ浮かぶ雲になり、ムーミンとスノークのお嬢さんのお気に入りに。
しかし、かくれんぼで帽子の下に隠れたムーミンの姿を変えられてしまう一大事も。
誰も分かってくれないピンチのなか、ママだけは迷わず自分の息子を言い当てる。


「ね、なにがおこったって、わたしにはおまえが見わけられたでしょ」


第一作目から描かれるママの家族愛は、これ以外でもいかんなく発揮される。

色々な物を良くも悪くも変えながら、楽しく過ごすムーミン谷の住人たち。
持ち主はラストで登場するが沢山の願いごとを次々と叶えてくれる。
さすがは帽子の持ち主だ。

そして誰よりも何よりも素敵なのはムーミンの願いごと!

喜びと相手を思いやる心が凝縮されて、物語をハッピーエンドへと導く。


まためぐる季節。
ムーミンは眠っている間の時間を「少し損している」と思ったりするようだけれど、目覚めた時の喜びも十分感じている。
さわやかな風の気持ち良さ。
晴れた空の眩しさと温もり。
何気ない挨拶。

当たり前に過ぎていく時間を感動いっぱいに思えるのは「冬眠」という時間があるからだ。

私も病気で入院したり外に出られなかった時、自由に歩けるということだけで胸がいっぱいになった。

「冬眠」は次へのステップ。決して無駄ではない時間であり経験なのだと思う。






【蛇足】急にPCの調子が悪くなり、ただでさえ低い更新頻度が更に減ってしまった。
もしかして、誰か私のPC、あの帽子に入れた……?

関連記事

| トーベ・ヤンソン | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/441-8f82cff0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT