ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『変身/掟の前で 他2編』

書いてある事柄ははっきりしているが、受け取り方は読者それぞれに委ねられるカフカ。
たぶん、読んだ時期でも違うだろう。
10年後の私は全く違う事を思うかもしれない。
とりあえず、私の2015年版だ。


「判決」
一人の人物の「極端な表と裏」なのかと受け取れた。
主人公は「表」だけが「自分」なのだと思っている。
しかし、どこかでそれに違和感を感じてもいる。
だから「裏」である父親に相談したのだ。
それを受け取って、自ら下した「判決」なのではないだろうか。
あくまでも、自ら。


「変身」
朝、起きたら虫になっていた主人公。
それでも家族は必死になって守ってくれる。
「虫」=「病」と思うと納得がいく。
家族も主人公も優しくて、悲しくて、涙がでる。


「アカデミーで報告する」
猿がアカデミーで演説をする。
メタファーとしては「猿」=「連れ去られてきた先住民(黒人・有色人種)」だろう。
滑稽と思いつつ、猿は人間(白人)の真似をするしか生きる術がなかったのではないだろうか。
以下の引用からも読み取れる。

人間の真似に魅力を感じたわけではありません。真似したのは出口を求めたからです。


「掟の前で」
何度でも出直せばいいのに。
そう思わずにはいられなかった。
門が開くかは分からない。
だが、無為に時間を過ごすよりはずっといい。
「掟」が何かは今の私には分からないが、ただ待つのではなく、何度でも門を訪ねるだろう。


今は、こんな風に感じた。
次に本を開く時が、「私の掟の門」を訪ねる時だ。





関連記事

| 海外 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/425-56668d04

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT