ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『Zの悲劇』

「えっ?」と思いながら読み始めた。
まずは前作、ハッター家での事件 『Yの悲劇』 から10年もの月日が経過していること。
そして、何よりも女性の一人称での文体。

そんな驚きをよそに、私はすぐに語り手であるペイシェンス・サムが好きになった。
彼女は前作、前々作で信頼関係を築いたレーン氏の盟友ともいえるサム警視の娘なのだ。

しかし堅物の父親に対して、なんと自由奔放、豪放磊落な女性だろう!
レーン氏に会うや否や見事な推理力を発揮して、サム警視には悪いけれど鳶が鷹を産んだような……。
いやいや、たぶんこの表現はペイシェンス嬢のお気に召すまい。
ここは「青は藍より出でて藍よりも青し」とでも言っておこう。

今回はタイムリミットに向かって畳み掛けるような展開が見ものだ。
ペイシェンス、今は私立探偵になっているサム警視、そしてドルリー・レーン氏。
三人は無実の罪で死刑に処せられる受刑者を救うために奮闘する。

じりじりと迫る時間。
小さな町で次々と起こる殺人事件と、被害者に送りつけられた謎のピース。

終盤に向かって息つく暇もない緊迫した空気が読者にも伝染する。
『X』とも『Y』とも違う解決への突破口も、なんともいえず味わい深い。

レーン氏が犯人を追いつめる様は、まさに舞台中央で演じる役者をみているよう。
その華麗さに惚れ惚れすると同時に、ペイシェンスという華やかな後継者的存在も加わった本作。
次回作が楽しみになると同時に、終幕がどんなものになるのか寂しい思いで複雑だ。




関連記事

| エラリィ・クイーン | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/417-2987b848

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT