ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『輝くもの天より堕ち』

本書は上質のSFであり、孤島型のミステリでもある。
そして、生き物の「愛」と「美しさ」「残酷さ」に溢れている作品だ。

再読して改めて圧倒された。
ティプトリーJr.作品のなかでは本作が一番好きかもしれない。
喜怒哀楽の全てを、言葉では表せない魂の根源的な部分を掴まれ、揺すぶられる。

心を揺らぎながら過ぎていく時間は、今思うとまるで「ノヴァ前線」のようだ。

星の最期の光であるノヴァ。
その「ノヴァ前線」の光の中では「時間揺動」が起きるという。
神秘的な体験を求めて、悲しい歴史のある惑星ダミエムに降り立つ人々。

幾重にも仕組まれた事件と共に表れる、様々なカタチの愛。
精神的な、愛。
肉体的な、愛。
そして、それを貫くカタストロフィー。
惑星ダミエムで起こった出来事は、スリリングで、美しくて……、とても苦しい。
「殺された星」の最期の輝きと共に、それらは頂点に達する。


ラスト数ページを、何度も読み返す。
ここにこそ、「心と体を繋げている一番奥のデリケートな部分」がある。
魂をグッと掴まれて、押さえつけられて、息が出来なくなりそうだった。


神々よ、どうかわたしに空気を ――


ヒロインが発した言葉は、私の言葉でもあった。
だから、私も思わず叫びたくなる。
パクパクと水面から口を出す魚のように……「どうか私に空気を!」、と。


ティプトリーJr.は東洋的思想の持ち主であると思う。
「生老病死」をSFの形で表す手腕は、同志ともいえる作家ル=グウィンにも通ずるものがあるように感じる。

正直、まだ噛み砕けていない部分も多い。
初めて読んだ時とは少し印象が違った。
もう一度読む時には、また変わるだろうと思う。
もう少し意味を理解できるように、自己研鑽をしていきたい。
このあたりも、ル=グウィンとの共通点だ。


私にとって、抱きしめたくなる愛しい一冊。
カバーデザインも素晴らしい!
こういう感情に出会えるから、私は本を読み続けている。

そして、今日も本の世界に飛び込むのだ。
それにはこの言葉がピッタリ。

グリーン、ゴー!





関連記事

| ジェイムズ・ティプトリーJr. | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cittagazze.blog.fc2.com/tb.php/292-eb993ecf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT