ちった図書室 ~Bibliothèque de Cittagazze~

手当たり次第に読んだ本を手当たり次第に記していこうという、意気込みだけは凄い図書室。目指すは本のソムリエです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『帽子収集狂事件』

フェル博士は創元版がやっぱり好きだ。
人情味とチャーミングさがハヤカワ版に比べて良く伝わってくる。
博士のちょっとした動き、口調、周囲との物質的、心理的な距離感。

共通するのは読者との距離。
フェル博士の「ミステリ小説の登場人物である自分」という立ち位置だ。
この匙加減が絶妙。

ズームしたかと思えばズームアウトさせられる。
まさに、ミステリの読み方そのものを表しているようだ。

今回の舞台はロンドン塔。
歴史的に数多の恨みや血を吸ってなお建ち続け、現在では観光も可能な建造物。
飼育されている大鴉は、かつて刑死した人間の肉を食べていたとか……。
あな恐ろしや。

場所的なオカルト度合は、カー作品のなかでも屈指ではないだろうか。

そして、そこで死んでいたのが「いかれ帽子屋」である。
イギリスでしかあり得ないこの状況。
イギリスだからこそ映えるこの状況。

そんななかでも、フェル博士は通常運転。
おしゃべりなお嬢さんに

「わしがセイウチですよ」

なんて言ってたりする。
かわいい。

今回も色々なヒントが隠されていて、読み返して「あっ!」という楽しさがある。
それも楽しいのだが、今作の犯人については「あなたどうしちゃったの!?」という思いの方が強かった。

まぁ、それが終幕に繋がるのだけれど……。
フェル博士シリーズの醍醐味をたっぷり味わえた。
ウミガメのスープ、ご馳走様でした!






| J.D.カー/カーター・ディクスン | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『わたしを離さないで』

この作品と対話できたのは最高のギフトでした。

映画化された際少し気になっていたので、始めの数ページで語られる「ネタバレ」は知っていました。
でも、それでさえ、知らなかったらどう感じたろうという気持ちが消えません。
たいして変わらなかったかもしれない、けれど、知らないまま読みたかった、とどうしても思います。

その意味でこのレビューはとても難儀ですが、チャレンジしてみようと思います。



まず「対話」と表現したのは、こんな情景が浮かんだからです。

……私はインタビューを取り付けた“介護人”という職業の女性の部屋を訪れます。
私が聞かされているのは、その人の名前と、社会的な役割だけ。

緊張しながらノックをすると、「どうぞ」という落ち着いた声が返ってきます。
迎え入れてくれたのは、聞いた年齢より少し年かさに見える女性。

挨拶のあと席を勧めてくれたその人は、促すまでもなく話し始めます。
ひとつ息をついて、目を閉じて、ゆっくり開いて。
私の目を真っ直ぐに見て。


私の名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人をもう十一年やっています。


自然に語られる子供時代の出来事。
ヘールシャムという施設で感情豊かに過ごした日々。
友達との悪ふざけ。
親友との喧嘩や仲直り。

キャシーの話は分かりやすく、時にユーモアに満ちて、時に緊迫感が漂います。
表情は豊かながら落ち着いていて穏やか。
遠くを見るような優しい眼差しが印象的で、右に左にと瞳を揺らしながら、それでもしっかりこちらを見てくれています。

週に一度の健康診断。
生徒に芸術の大切さを説き、頻繁に行われる展示会。
ヘールシャムとはそういう「校風」なのでしょう。

看護婦にあだ名をつけたり、消灯時間後のナイショ話。
一見普通の寮生活ですが、何かが足りない、と私は感じ始めます。
生徒のバックボーンが見えてこない……。

それでも、キャシーの話は流れるように進みます。
思春期を迎え、大人になって、どうやって今の職業に就いたのか。

キャシーには子供の頃から、特別に大きな存在を占めるルースとトミーという友達がいると言います。

ルースは女の子グループによくいるタイプ。
知ったかぶりで強がり。
でもそうやって突っ張っていることで、自分や周囲を守っていると信じています。

トミーは癇癪持ちで、運動が得意な男の子。
子供の頃はいじめられるけれど、成長するに従って落ち着いていくタイプ。
そういう人はなかなか鋭い感性を持っています。

その三人がどう育ち、どこへ行き、一緒の思い出を、またはそれぞれの思い出を作ったか。

子供の頃、繰り返し掛けられた言葉をどうやって理解したか。
キャシーと、ある女性が思いがけず共有した時間の、その行動の本当の意味を知ったのか。


静かに語り終えたキャシー・Hに、私は深々とお辞儀をして、辞去します。
お礼と共に添える言葉がみつかりません。
ただただ、話してくれたことへの感謝と、これからの生活が少しでも穏やかなものであるようにと、祈るしかありません。



この、抱きしめたくなるような作品に出会えたことは、素晴らしいギフトでした。
キャシー、ルース、トミーをはじめとした登場人物の姿を、明確にイメージすることが出来ます。
荒涼とした大地が続く、身を寄せ合いたくなるように寒いイギリスの光景も、この作品に欠かせない舞台です。
そのイメージを大切に持っていたいと思います。

それは、

ヘールシャムはわたしの頭の中に安全にとどまり、誰にも奪われることはありません。

こう語ってくれた、キャシーのなかのヘールシャムと同じものかもしれません。


ゆっくり目を伏せたキャシー・Hの姿が、私にはやっぱり視えるのです。




| 海外 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ユダの窓』

ヘンリ・メルヴェール卿(H・M)法廷に立つ!

密室に存在する「ユダの窓」。
これ自体はさして難しくないと思う。
H・M卿がちょこちょこヒントをくれるし。


「いいや。それが本件の風変わりなところなんじゃ。あの部屋が普通の部屋と違っているわけではない。家に帰って見てみるんじゃな。ユダの窓はお前さんの部屋にもある。この部屋にもあるし、中央刑事裁判所(オールド・ベイリー)の法廷にも必ずある。ただし、気づく者はほとんどおらん」


今回は裁判を進行しながらストーリーが進むので、それも楽しい。
H・M卿の大胆な手法を必死になって支える、いや、抑えようとする秘書のロリポップ嬢の奮闘ぶりが可愛くて好きだ。
描写はほとんどないのだけれど、躍起になってるのが伝わってくるのが凄い。
そのちょっとの描写でクスクス笑ってしまう。

語り手であるケンの妻、イヴリンもまた魅力的だ。
傍聴席での二人の会話で「ホラホラ、おじいちゃんってば、これはツライわよ~!」なんて言われると臨場感が増す。

とにかく今回はフーダニット、犯人当てに尽きる。
そして改めてタイトルを見ると……。
うわぁ、お見事!

カー作品はもう夢中になって何冊か読んでいるけれど、隙がなくてレビュアー泣かせだ。
でも、書きたいのだ。魅力的なのだ。
うーむ、がんばるっ。



 

| J.D.カー/カーター・ディクスン | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT